資金繰り改善のご案内

いつもお世話になっております。
昨今の大不況のなか、お客様からよくご相談を受けるのが「資金繰り」に関することです。
 
「なぜ、うちの会社は利益が出ているのに、いつもお金がないのか?」
「銀行がなかなかお金を貸してくれない」

こんな声をよく耳にします。
 
当事務所では、現在資金繰り指導に力を入れ、お客様の経営を助けたいと考えている所存でございます。

資金繰りを改善していく方法は、資金繰り悪化の原因を把握してそれぞれの原因につき対策をとることです。
つまり、会社の体質を「資金が不足しない体質」に改善していくことです。
 
■ポイント■
●資金繰り悪化の原因をいかに正確に把握するか
●その原因に対していかに効果的な対策を打つか

■改善事例■
○○板金株式会社 代表取締役 ○○ ○○様
当社は月に500万円の利益が出ていたにもかかわらず、慢性的に現金がない状態でした。
なので、毎月の支払いには頭を抱えていました。
納税や社員への賞与支給の際には、銀行から借り入れる始末。最近は銀行も貸し渋っているので、胃が痛くなる毎日を送っていました。
資金繰り指導に強い景山先生に相談したところ、すぐに問題点を指摘。売掛金の回収を進めました。
全社員を集めて、回収の徹底をうながす勉強会を開催。○○先生が講師として手取り足取り指導してくださいました。
「売り上げるだけじゃなく、回収するまでが営業」という意識が全社員に浸透。おかげで資金繰りが円滑になり、借入にあまり頼らなくなりました。
○○先生のキャッシュフロー計算書の説明はわかりやすいので、数字音痴の私でも経営感覚がついてきたような感じがします。
もし、○○先生に出会えていなかったら、今ごろ当社は倒産していたかもしれません。本当にありがとうございました。

 

決算上は黒字でも、いっときでも資金がなければ企業は倒産します。今の時代はどの企業でも資金繰り改善が急務です。
資金繰りについて何かお困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。