マーケティング

商品やサービスを売り込む際、キャッチコピーが必要です。あるいは、社内でビジネスの企画書をつくるときでも、一言のキャッチフレーズがあると効果的でしょう。キャッチコピーの目的は、「見た人に(購買等の)行動を促す」ことです。次の2つのポイントを押さえることで、キャッチコピーをワンランク上に高めることができます。

1.ありきたりの言葉を別の表現に置き換える

2.性質の異なる言葉同士を組み合わせる

続きを読む この記事を紹介する
マーケティング | 更新日:2017.04.14

広告のキャッチフレーズは「何を伝えるか」と「いかにして伝えるか」に大別できます。「何を伝えるか」は「メッセージの内容」で、「いかにして伝えるか」は「メッセージの伝え方」になります。

これからは「何を伝えるか」と「いかにして伝えるか」の組み合わせを念頭に置いて、キャッチフレーズを考えてみましょう。

続きを読む この記事を紹介する
マーケティング | 更新日:2017.03.15

女性や家族客を取り込むことが、ビジネス成功の鉄則のひとつとも言えます。しかし、一口に女性や家族客を取り込むといっても、何をどうすればいいのか見当がつかないものです。

ある人気創作うどん店の事例から、女性と家族客を取り込む経営戦略とプロセスを読み取ってみましょう。

続きを読む この記事を紹介する
マーケティング | 更新日:2017.02.15

2017年1月5日早朝、築地市場で初競りが行われ、青森・大間産のクロマグロ(212キログラム)が7,420万円で競り落とされました。

今回は築地市場最後の初競りという「ご祝儀相場」の影響もあり、2013年の1億5,540万円に次ぐ高値を記録。落札したのは、築地に本社がある寿司店チェーン「すしざんまい」(株式会社喜代村)で、6年連続の最高値落札でした。

中小企業の社長さんならば「マグロに7,420万円もかけて採算がとれるの?」と考えてしまうことでしょう。

続きを読む この記事を紹介する
マーケティング | 更新日:2017.01.13

この2-3年、マーケティング業界で大いにもてはやされている最新の手法をご存知でしょうか。その中身を一言で表現すると、「インターネットで情報を発信して顧客を増やそう」。この言葉を聞いて、拍子抜けしたかもしれません。確かに、このような発想はインターネット草創期からあるシンプルなものです。しかし、Webという広い世界で未知の顧客へリーチすることができ、リピーターへと育てることのできる強力な手法です。そして、ブログやFacebookなどの登場により、個人で情報発信できるメディアを持てるようになったことで改めて注目され、「コンテンツマーケティング」という新たな手法として確立されました。今回は「コンテンツマーケティングを試してみたい」という人向けに、その基本をご紹介します。

続きを読む この記事を紹介する
マーケティング | 更新日:2016.12.15

コピーライティングやレイアウトのデザインなど、ポスター制作ではやらなければいけないことが多くあります。何から手をつけていいのか分からず、「ポスターづくりはセンスのある人しかできないんだ」と苦手意識を持っている方もいるかもしれません。

しかし、ポスター作りの経験がない人でも、正確な手順を踏めば、見た人に伝わりやすいポスターを作れます。今回は、ポスター作りの手順を3つに分けて紹介します。

続きを読む この記事を紹介する
マーケティング | 更新日:2016.11.15

営業日の告知が書かれたポスターが貼られている店舗や事業所は多くあります。ほとんどのポスターは、休日の日程を事務的に報告しているだけです。
実は、営業日のポスターに、ある一文言葉を書き加えるだけで、お客様の心をキャッチできます。

続きを読む この記事を紹介する
マーケティング | 更新日:2016.10.14

マーケティングを行う上で重要なことは、「誰をターゲットにしているのか」ということです。誰にでも受け入れられる商品を目指すと、結果的に誰にも受け入れられなくなってしまいます。

必要なのは「30代男性」というような大雑把なセグメントではありません。ファンを増やすためには、もっと細かく設定した明確なお客様のイメージが必要です。

続きを読む この記事を紹介する
マーケティング | 更新日:2016.09.15

7月10日に投開票された第24回参議院議員通常選挙。ラーメン店チェーン「一風堂」は参院選にあやかり、全店で「選挙割」を行いました。
「選挙割」はネットを中心に話題になり、キャンペーン期間中は多くの人が一風堂に来店。なぜ、ラーメン屋が「選挙割」を行ったのでしょうか?

続きを読む この記事を紹介する
マーケティング | 更新日:2016.08.15

プロモーションコンテンツの制作を行っている株式会社バーグハンバーグバーグ。この会社が6月17日に制定したオリジナル休日「なんでも溶かすキックの日」が、ネットを中心に「うらやましい!」「この会社で勤めたい」と話題になっています。

オリジナル休日を設定したことが、どうしてここまで話題になったのでしょうか?

続きを読む この記事を紹介する
マーケティング | 更新日:2016.07.15
123件中 1~10件