マーケティング

時価総額が1兆円を超え、注目を集めているファッション通販サイト「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」。2017年8月14日に、運営会社のスタートトゥディが発表した第1四半期連結累計期間の商品取扱高は578億9,700万円で、前年同月と比べると43.4%増加していました。

売上高も順調に伸びており、前年同月比41.5%増の190億6,600万円でした。今回は、ZOZOTOWNの増客と増収の秘密について探ってみたいと思います。

続きを読む この記事を紹介する
マーケティング | 更新日:2017.10.15

社員同士の情報共有は会社を成長させるうえで欠かせません。特に得意先や競合会社の情報は、売上に直結する可能性があります。ただ、社員同士が自然と情報共有できる組織をつくるのは困難です。

今回は情報共有に役立つツールを紹介いたします。

続きを読む この記事を紹介する
マーケティング | 更新日:2017.09.15

DMやメルマガなど、お客様や見込み客との接点を強化するための手法は数多くあります。その中で最近注目を集めているのがLINEの法人向けアカウント「LINE@」です。

総務省の「通信利用動向調査」によると、スマホの普及率は72.0%となっており、年々その数は増えてきています。スマホの普及増加が「LINE@」の効果を押し上げているのです。

続きを読む この記事を紹介する
マーケティング | 更新日:2017.08.15

マーケティングの世界では、性の役割というのが非常に重要です。性の役割とは、「男らしさ」「女らしさ」というジェンダーイメージに基づく、周囲から期待されるものです。

実はこうした性役割が、消費にも色濃く反映されているのです。

続きを読む この記事を紹介する
マーケティング | 更新日:2017.07.14

米国スタンフォード大学のクランボルツ教授により「プランド・ハップンスタンス(計画された偶然性)理論」が提唱されたのは、1999年のこと。発表されるやいなや、一躍脚光を浴びることになりました。

続きを読む この記事を紹介する
マーケティング | 更新日:2017.06.15

ビジネス成功の鉄則のひとつが、女性や家族客を取り込むことです。特に乳幼児の子どもを持つ母親の心をつかんだビジネスは、全国各地で成功している例が見受けられます。

ある人気レストランの事例から、乳幼児連れの母親を取り込む戦略を読み取ってみましょう。

続きを読む この記事を紹介する
マーケティング | 更新日:2017.05.15

商品やサービスを売り込む際、キャッチコピーが必要です。あるいは、社内でビジネスの企画書をつくるときでも、一言のキャッチフレーズがあると効果的でしょう。キャッチコピーの目的は、「見た人に(購買等の)行動を促す」ことです。次の2つのポイントを押さえることで、キャッチコピーをワンランク上に高めることができます。

1.ありきたりの言葉を別の表現に置き換える

2.性質の異なる言葉同士を組み合わせる

続きを読む この記事を紹介する
マーケティング | 更新日:2017.04.14

広告のキャッチフレーズは「何を伝えるか」と「いかにして伝えるか」に大別できます。「何を伝えるか」は「メッセージの内容」で、「いかにして伝えるか」は「メッセージの伝え方」になります。

これからは「何を伝えるか」と「いかにして伝えるか」の組み合わせを念頭に置いて、キャッチフレーズを考えてみましょう。

続きを読む この記事を紹介する
マーケティング | 更新日:2017.03.15

女性や家族客を取り込むことが、ビジネス成功の鉄則のひとつとも言えます。しかし、一口に女性や家族客を取り込むといっても、何をどうすればいいのか見当がつかないものです。

ある人気創作うどん店の事例から、女性と家族客を取り込む経営戦略とプロセスを読み取ってみましょう。

続きを読む この記事を紹介する
マーケティング | 更新日:2017.02.15

2017年1月5日早朝、築地市場で初競りが行われ、青森・大間産のクロマグロ(212キログラム)が7,420万円で競り落とされました。

今回は築地市場最後の初競りという「ご祝儀相場」の影響もあり、2013年の1億5,540万円に次ぐ高値を記録。落札したのは、築地に本社がある寿司店チェーン「すしざんまい」(株式会社喜代村)で、6年連続の最高値落札でした。

中小企業の社長さんならば「マグロに7,420万円もかけて採算がとれるの?」と考えてしまうことでしょう。

続きを読む この記事を紹介する
マーケティング | 更新日:2017.01.13
129件中 1~10件