トピックス

「戸籍上の記録として存在し、生きていれば180歳」というような「消えた高齢者問題」が今夏に次々と表面化しました。既に死亡した老親の年金を不正受給していた事件も数多く報道。これらの異様とも思える問題を企業経営に置き換えると、実地棚卸の大切さと経営管理のスタンスのあり方を教えてくれているようです。

続きを読む この記事を紹介する
トピックス | 更新日:2010.09.15

御社には経営理念がありますか? 経営理念とは、社長の熱き思いを言葉にすること。言い換えれば、どんなに状況が変化しても変わることのない、企業活動の基本となる考え方です。経営理念が明確になっていれば、社員を同じ方向に向かせることができます。「どんな経営理念にすればよいのか?」と、考えてしまう方もいらっしゃることでしょう。そんな方は、先日行われたソフトバンクの「新30年ビジョン発表会」での孫正義社長のスピーチが経営理念を立てる際の勉強になります。

続きを読む この記事を紹介する
トピックス | 更新日:2010.08.11

先日のサッカーW杯南アフリカ大会で、日本中が沸いたことは記憶に新しいですね。今回のW杯ベスト16進出から学べることは、チームプレーの大切さではないでしょうか?
これは企業経営も同じことがいえます。社員一人ひとりの能力が高いに越したことはありませんが、実際の中小企業は有能な人材を容易に採用できず、人材は固定的になりがち。そこで必要なのがチームワークなのです。
 

続きを読む この記事を紹介する
トピックス | 更新日:2010.07.15

6月に入ってすぐ、鳩山由紀夫首相は辞意を表明。菅直人氏へと首相のバトンが交代されました。多くの人が鳩山氏を評する際に使われた言葉は「一貫性のなさ」。一貫性こそトップに不可欠な要素ということは、経営者の方ならば百も承知だと思います。今回の首相交代劇を通じて、さらに「トップに一貫性がないと、組織に悲劇をもたらす」ことを肝に銘じておく必要があるでしょう。

続きを読む この記事を紹介する
トピックス | 更新日:2010.06.15

「順番を守って地下鉄に乗る」「タクシーの窓から唾を吐かない」「パジャマ姿で外出しない」。一見、とても当たり前のことのような気がしますが、何だと思いますか? これは現在万博を開催している上海市政府が「市民の素養」と題した46項目のルールの一部です。実際、上海万博でも列を作らずにチケットを奪い合い大混乱となった等、マナーのなさが問題となりました。経営者の方々は、上海万博の一連の報道で「そんなこともできないのか?」とあきれるだけでは物足りません。「マナーがない」のではなく「マナーを知らない」ことを心得ておきましょう。これは新入社員教育にも同じことがあてはまります。

続きを読む この記事を紹介する
トピックス | 更新日:2010.05.14

このほど、公益社団法人日本生産性本部が「平成22年度新入社員の特徴」を発表しました。名付けて「ETC型」。「性急に関係を築こうとすると、直前まで心の『バー』が開かない」という意味だそうです。

ETC導入によってドライバーと徴収員との対話がなくなったように、携帯電話やパソコン等のITツール活用によって、人との直接の対話が不足しているETC型新入社員。人間関係を築きたいばかりに性急に根掘り葉掘り質問したり、いきなりなれなれしい言葉遣いをすると、心のバーが開かないことがあるかもしれません。打ち解けるまでのスピードを求めずに、まずは相手を理解することから始めましょう。

続きを読む この記事を紹介する
トピックス | 更新日:2010.04.15

世界中が沸いたバンクーバー冬季五輪。なかでも盛り上がったのはもちろん女子フィギュアスケートです。金メダル=キム・ヨナ選手、銀メダル=浅田真央選手という結果に終わり、採点システムについてさまざまな意見が挙がりました。

詳細については割愛しますが、今回の結果を企業経営に例えると、管理職登用時に経営者として心得ておきたいことが学べるのではないでしょうか。

続きを読む この記事を紹介する
トピックス | 更新日:2010.03.15

「現在の不況を乗り切るためには、今までと同じやり方にしがみついてはいけない」。いわゆる「パラダイムシフト」の重要性を理解できない経営者は、今の世の中恐らくいないと思います。

しかし、パラダイムシフトを実践している経営者が多いのかというと別問題。今年1月に日本航空(JAL)が会社更生法を申請し、再建を目指すことになりました。今回の破たん劇はパラダイムシフトを具現化することの大切さを示したといえるでしょう。

続きを読む この記事を紹介する
トピックス | 更新日:2010.02.15

経済アナリストの藤原直哉氏は、今年2010年のキーワードを「転」と示しています。一方「転」は「転ぶ」とも読めます。

「曙の方向に転ずるのか、闇に転がるのか二つに一つ。経営者の方々の努力次第」と、藤原氏は話しています。つまり、会社がどんな方針、目標、理念を掲げるかが、曙に転ずるのか闇に転がるかを左右するのです。

続きを読む この記事を紹介する
トピックス | 更新日:2010.01.15

11月27日に終了した「事業仕分け」。予算査定の一般公開という歴史的なイベントへの称賛もあれば、法的根拠が不明確な「仕分け人」の判定結果に対する疑問も挙がりました。

物事がめまぐるしく動く今の時代、一般企業でも事業仕分けをする必要があるかもしれません。その際、考えていただきたいのは、各事業を「重要なこと」と「緊急なこと」に区別することです。

続きを読む この記事を紹介する
トピックス | 更新日:2009.12.15
134件中 91~100件