税務・会計

平成28年12月8日に平成29年度税制改正大綱が公表されました。

所得拡大促進税制の拡充や研究開発税制の拡充なども注目すべき改正ですが、今回は多くの方に影響を及ぼすであろう「配偶者控除の見直し」について解説します。

続きを読む この記事を紹介する
税務・会計 | 更新日:2017.01.13

日本国内の会社に勤めている給与所得者が、海外の支店などに転勤したり、海外の子会社に出向する場合の所得税の扱いはどうなるのか。所得税法では、個人の納税義務者を「居住者」「非居住者」に区分しています。では、「居住者」と「非居住者」の違いはどこにあるのでしょう?

続きを読む この記事を紹介する
税務・会計 | 更新日:2016.12.15

平成27年度税制改正において領収書等の「スキャナ保存制度」は対象範囲が拡大され、厳しかった金額要件等が大幅に緩和されました。

平成28年度税制改正では要件がさらに緩和され、デジカメ・スマホ等での撮影についても認められることになり、比較的簡単に実施することができるようになりました。

続きを読む この記事を紹介する
税務・会計 | 更新日:2016.11.15

日本の年金制度は「三階建て」の仕組みになっています。一階部分が日本に住むすべての人を対象とした「国民年金」、二階部分が民間企業などで働く人を対象にした「厚生年金」です。一般的に一・二階部分を「公的年金」と称します。

そして三階部分が「私的年金」です。そのうち、企業年金は企業が独自に実施・運営している年金で、公的年金を補完する役割を担っています。また、確定拠出年金は企業年金の一つとして位置付けられています。以前「個人型確定拠出年金の適用範囲拡大」について取り上げましたが、今回は「確定拠出年金」の概要について、解説していきます。

続きを読む この記事を紹介する
税務・会計 | 更新日:2016.10.14

中小企業等経営強化法が平成28年7月1日に施行されました。この法律は中小企業・小規模事業者の稼ぐ力や生産性向上の応援を趣旨としており、経営力を高める取り組みを実施する企業にさまざまなバックアップをすることが定められています。

今回はその中で固定資産税の軽減について解説していきます。

続きを読む この記事を紹介する
税務・会計 | 更新日:2016.09.15

海外出張などで利用する国際線の料金内訳を見ると、航空運賃の他にもいくつかの項目で構成されているのがわかります。「国際線のチケットだから、すべて消費税はかからないのでは?」という認識をお持ちの方もいらっしゃると思います。実際はどうなのでしょう?

続きを読む この記事を紹介する
税務・会計 | 更新日:2016.08.15

改正確定拠出年金法が平成28年5月に成立しました。改正項目は多岐にわたっていますが、今回は個人型確定拠出年金(以下「個人型DC」)の適用範囲拡大について解説していきます。

続きを読む この記事を紹介する
税務・会計 | 更新日:2016.07.15

繁忙期の従業員への夜食や朝方出勤による朝食の支給など、福利厚生の一環として食事を支給するケースがあります。この場合、原則としてその食事の価額に相当する給与の支給があったものとして課税されることになり、通常の給与と併せて所得税額を計算し、源泉徴収をしなければなりません。

ただし、次の場合については、それぞれ給与課税しなくてよいことになっています。

続きを読む この記事を紹介する
税務・会計 | 更新日:2016.06.15

平成28年度税制改正で「空き家に係る譲渡所得の特別控除の特例」が創設されて話題となっています。この税制を利用してさまざまな節税対策が考えられているようですが、今回は2つの留意点をご紹介します。

続きを読む この記事を紹介する
税務・会計 | 更新日:2016.05.13

経営者であれば高級車(ベンツやポルシェのような)やクルーザーを所有することを夢見ている方も多いことと思います。

では、高級車やクルーザーを会社名義で購入した場合には経費として認められるのでしょうか。注意点等を踏まえながら解説していきます。

続きを読む この記事を紹介する
税務・会計 | 更新日:2016.04.15
120件中 1~10件