医業マーケティング

人口はどれくらいいるのか、どのような年齢層が多く住んでいるのか、競合の位置や患者数はどうか──。

どんな診療所においても、新規開業するときには診療圏分析を行っていると思います。
それは立地場所の選定や経営戦略を策定していくうえでなくてはならないデータだからです。

一般的には医薬品卸会社や医療コンサルティング会社などの協力を得て候補となる診療圏の調査・分析が行われますが、その切り口は会社によってマチマチです。

続きを読む この記事を紹介する
医業マーケティング | 更新日:2017.12.15

クリニックの新規開業時には、集患の計画や地域との連携だけを考えていればいいわけではありません。

集患がうまくいけばいったで、ときには歓迎せざる患者も訪れます。そう、モンスターペイシェント対策にも手を打っておかなければなりません。

続きを読む この記事を紹介する
医業マーケティング | 更新日:2017.11.15

国は20年以上にわたり、在宅支援診療所の創設などで在宅医療の推進を図ってきました。

この背景には、「住み慣れた地域で最期を迎えたい」という患者のニーズや、終末期医療に投入される膨大な医療費の削減という経済的な観点があります。

国が推進してきたことにより、在宅医療専門の診療所が登場したり、一般の診療所が午後や夕方に訪問診療を行ったりするケースが以前より増えてきているようです。

しかし、厚生労働省が当初思い描いていた「かかりつけ医による継続的なケアの一環としての在宅医療」という段階までには至っていません。

続きを読む この記事を紹介する
医業マーケティング | 更新日:2017.10.15

厚生労働省は「地域包括ケアシステム」を確立し、“ときどき入院、ほぼ在宅”という社会を目指しています。

病院に対しては地域医療構想による病床機能の再編を進めており、「急性期病床」⇒「回復期病床」⇒「慢性期病床あるいは在宅医療」という流れをつくろうとしています。

一方、受け皿となる「在宅医療」の整備も必須です。

国は複数疾患を併発しやすい高齢者の包括的な診療を進めるため、かかりつけ医や主治医機能の強化に力を入れています。

続きを読む この記事を紹介する
医業マーケティング | 更新日:2017.09.15

近年の歯科医療は、国民意識の高まりと歯科技術の発達により、小児のう蝕(虫歯)の減少、高齢者の残存歯数の増加といった傾向が顕著になっており、歯を残すことに関しては良好な結果となっています。

一方、高齢化に伴い、高齢者の歯周病が増加しています。歯周病は糖尿病との密接な関連が指摘されており、HbA1cの値を改善するために歯科との連携を加速させる必要がありそうです。

続きを読む この記事を紹介する
医業マーケティング | 更新日:2017.08.15

国の長期にわたる医療費抑制政策にかかわらず、国民医療費は増加の一途をたどり、平成25年度には40兆円を突破しました。診療報酬の大幅なアップが見込めないなか、診療所の収入を伸ばしていくことは容易ではないと思います。

こうした保険診療市場の閉塞感を打破する一手として、自由診療に活路を見いだそうとする診療所も増えているようです。

続きを読む この記事を紹介する
医業マーケティング | 更新日:2017.07.14

全国保険医団体連合会が2008年に調査した開業医の「経営・労働実態基礎調査」によると、医科では1日に平均63.6名、歯科は27.8名の外来患者を診療していることがわかっています。現在の診療報酬体系では、この平均を下回ると医院の経営を維持していくのが難しくなります。

そこで、より多くの患者さんに来院してもらい、かかりつけ医として活用してもらおうということになるのですが、そのために、どのような施策が考えられるでしょうか?

続きを読む この記事を紹介する
医業マーケティング | 更新日:2017.06.15

クリニックの患者さんを増やすために、受付スタッフの力は重要です。予約の電話を次々と受け付けて、稼働率を少しでも上げるのは、受付スタッフの力にかかっていると言っても過言ではないでしょう。

では、1人でも多くの患者さんを受け入れたいとき、院長先生は受付スタッフに対して、どんなことに気をつければいいのでしょう。答えは簡単です。忙しそうな素振りを見せないことです。

続きを読む この記事を紹介する
医業マーケティング | 更新日:2017.05.15

患者さんの立場で考えてみましょう。来院したときに何気なくスタッフに話した話題を、次回来院時に別のスタッフから話しかけられたら、どう思いますか?

「このクリニックはスタッフみんなが私に関心を持ってくれている」と喜ぶことでしょう。

スタッフ全員が患者さんの情報を共有することは、さほど難しくありません。「患者さん一言メモ」を活用し、会話の内容を記入し、スタッフ全員でシェアするのです。

続きを読む この記事を紹介する
医業マーケティング | 更新日:2017.04.14

一般企業では販促の一環でキャンペーンを実施することが多いです。クリニックでキャンペーンを行うとなると、賛否両論あるでしょう。しかし、やり方と考え方次第では、効果を得られる場合があるのです。

ポイントは「頻繁に行わないこと」と「特定の治療の認知を上げるために行うこと」です。

続きを読む この記事を紹介する
医業マーケティング | 更新日:2017.03.15
117件中 1~10件