なにわ筋線

ニュースにもなっていましたが、地下鉄「なにわ筋線」が実現しそうです。
関係する大阪府、大阪市、JR西日本、南海電鉄、阪急電鉄が計画の大筋で合意したからです。

 

なにわ筋線の構想は今から約30年前からあり、もはや都市伝説とさえいわれていましたが、ようやく前に進むことになったようです。
4000億円ともいわれる巨額の建設資金の分担もあり、まだまだ前途多難かと思いますが、大阪で巨大プロジェクトが進行するのは経済にとってもプラスになることは間違いありません。

なにわ筋線は、JR新大阪駅から北梅田(仮称)や中之島を経由してなにわ筋を南下して難波までの区間になる予定ですが、その先はJR・南海で関西空港までつながることになります。
今までより時間が大幅に短縮されるかどうかはわかりませんが、アクセスの改善により外国人観光客の増加も期待できます。
また、現在有効に利用されているとは到底いえない大阪国際会議場の利用促進や、まだまだ発展の余地のあるなにわ筋沿線地域の活性化にもつながるものと思います。

おそらく沿線住民となる私にとっても嬉しいことです。
その実現を期待してマンションを購入したからです。
開通は2030年とまだまだ先のことですが、実現が楽しみです。

(文責:原昇平)

ヒントでヒット | 更新日:2017.03.30