今月のニュース

今月号でお伝えしたいこと  その1

《「自転車」通勤に関して…》
 

                                (WEBから引用し、編集して掲載)
「自転車運転者講習制度」

平成27年6月1日に改正道路交通法が施行され、危険行為を繰り返す自転車運転者に対して自転車運転者講習を課すことになりました。
 

*危険運転としては信号無視、酒酔い運転(より軽い酒気帯び運転ではない)、遮断踏立入り、一時不停止違反などの14類型が定められており、これらに違反し2回以上摘発されると、都道府県公安委員会から講習を受けるよう命令が出されます。

続きを読む この記事を紹介する
号外 | 更新日:2015.09.02

今月号でお伝えしたいこと その2

<固定残業代 ワンポイント アドバイス>


御社では、固定残業代部分を「役職手当」等という名称で支払い、その中に固定残業代部分と役職手当が混在していませんか?


*固定残業代制度は、判例によって、現在、有効となる要件がとても厳しくなっています。
*その要件には、固定残業代部分と他の部分との明確な区分を要求するものがあります。

続きを読む この記事を紹介する
号外2 | 更新日:2015.09.02

今月の 故事・成句・ことわざ 
           
☆政治・経済・社会☆

編著 メディルート総研株式会社 9月号 150901

 

「氷山の一角」

続きを読む この記事を紹介する
今月の故事・成句・諺 | 更新日:2015.09.02

間もなく4月を迎えます。4月といえば、多くの会社で新入社員を迎えます。と同時に、どの会社でも大なり小なり「新入社員歓迎会」を開催します。歓迎会を開くとなると、メンバーの誰かに幹事をお願いすることになります。

「これから成長してほしい若手」「決断力をつけてほしい中堅社員」「当事者意識がイマイチ足りない社員」がいたら、思い切って幹事を任せてみましょう。なぜなら、宴会の幹事を通じて、スキルアップを図れるからです。

続きを読む この記事を紹介する
人的資源 | 更新日:2017.03.15

終わりの見えない不況、少子高齢化による経済構造のダイナミックな変化など、企業を取り巻く環境は不確実で大変厳しいものです。そんななか、企業とそこで働く人々の疲労感はピークに達しているものと思われます。
  
今回ご紹介するECG株式会社では「企業は人なり、人は心なり。」との考えから、「心のケア」が企業を元気にする最善の方法であると考えております。しかし、我が国における「心のケア」に対する理解は発展途上にあり、偏見的な見方さえされているのが実情です。

ECGでは「心理学」がいかにビジネスの世界にかかわっているか、「人の心」を意識した行動がいかに様々なビジネスシーンで役立つかのを啓発していきたいと考えております。

 

続きを読む この記事を紹介する
おすすめサイトご紹介 | 更新日:2010.05.17

「親の介護で退職を余儀なくされる」という「介護離職」が、社会的に問題になっています。貴重な戦力となっている社員が介護を理由に退職することは、会社にとって大きな損失です。

そこで制定されたのが「介護離職防止支援助成金」です。従来の「介護支援取組助成金」を廃止して、平成28年10月19日から移行しました。ぜひ活用しましょう。

続きを読む この記事を紹介する
企業経営 | 更新日:2017.03.15

広告のキャッチフレーズは「何を伝えるか」と「いかにして伝えるか」に大別できます。「何を伝えるか」は「メッセージの内容」で、「いかにして伝えるか」は「メッセージの伝え方」になります。

これからは「何を伝えるか」と「いかにして伝えるか」の組み合わせを念頭に置いて、キャッチフレーズを考えてみましょう。

続きを読む この記事を紹介する
マーケティング | 更新日:2017.03.15

急な欠勤に罰金を科す契約を従業員に結ばせたとして、大手コンビニエンスストア加盟店オーナーが、労働基準法違反で書類送検されました。「急に欠勤したら1回1万円の罰金を徴収」「3回の遅刻で罰金3万円を徴収」というような罰則は、違法行為です。

今回の事件をきっかけに、欠勤や遅刻に関する罰則を見直してみることをお勧めします。

続きを読む この記事を紹介する
トピックス | 更新日:2017.03.15

3種のチョコレートを低温でじっくり蒸し焼きにしてできたショコラは、舌にのせた瞬間、とろける恍惚。

チョコレートの新たな扉をひらくセンセーショナルなおいしさをご堪能ください。

※2016年12月28日のプレゼント企画の締切を持って、「今月のプレゼント」は記事提供を終了させていただきます。予めご了承ください。

続きを読む この記事を紹介する
プレゼント | 更新日:2016.11.15

工事を請け負った建設業者が、施工において実質的に関与せず、下請負人にその工事の全部または独立した一部を請け負わせることを、建設業法では「一括下請負」と呼び、原則として禁止しております(建設業法第22条)。

建設工事における「一括下請負の禁止」に関しては、従来から徹底を図ってきました。国土交通省ではこのほど、一括下請負の判断基準を新たに策定。元請(発注者から直接請け負った者)、下請(それ以外の者)それぞれが果たすべき役割を具体的に定め、一括下請負の禁止のさらなる徹底を進めました。

続きを読む この記事を紹介する
建設業 | 更新日:2017.03.15

高齢者の患者さんの場合、内科、皮膚科、整形外科、耳鼻咽喉科、眼科など複数の診療科目でかかりつけのクリニックがあり、各医院から複数の処方箋が出ているケースは珍しくありません。かかりつけの患者さんが、処方通りに薬を服用できているか気になるところです。

患者さんの残薬をフォローするため、地域の薬剤師を活用してみてはいかがでしょうか。

続きを読む この記事を紹介する
医療・福祉 | 更新日:2017.03.15

「損得学」とは、選択肢が複数ある場合、
将来の儲けがより大きくなるのはどちらなのか、
的確に判断するための学問。

どんなビジネスマンでも関係があります。
知っているのと知らないのとでは大違い。

続きを読む この記事を紹介する
経営情報DVD紹介 | 更新日:2017.03.15

今回は効率的にネットから情報収集する3つの手法をご紹介します。

続きを読む この記事を紹介する
ビデオニュース | 更新日:2016.07.15