マーケティング

近年のビジネスは、製品ありきの“会社主導型”ではなく、顧客の望むものを提供する“ユーザー主導型”に変化してきています。そのため、かつての“良い物であれば売れる”という時代は終わり、ニーズに合った商品・サービスが売れる時代となりました。

今回は、顧客のニーズを探る新手段として注目される“動画やチャットを利用したモニター調査”についてご紹介します。

続きを読む この記事を紹介する
マーケティング | 更新日:2018.03.15

近年、若年層を中心に消費意欲が低下し、貯蓄する傾向が続いていることが内閣府の調査により明らかになっています。そんななか、最低限の物しか持たない生活スタイルを目指す"ミニマリスト"という言葉も生まれています。

一方、消費意欲の低下は高齢者にも波及し、貯蓄の結果、3,000万円以上の資産を持つ富裕層高齢者の割合も増加しています。

このような物を消費しない時代に、どのような商品やサービスが求められているのでしょうか?

続きを読む この記事を紹介する
マーケティング | 更新日:2018.02.15

政府は、働き方改革や消費活性化の一環として、2017年2月より『プレミアムフライデー』の推進を図っています。

近年、消費離れが取りざたされている若者も、友人との食事や旅行、ライブ鑑賞などの“コト消費”においては、お金を費やすようです。

続きを読む この記事を紹介する
マーケティング | 更新日:2018.01.15

2030年には、人口の3割が65歳以上の高齢者になる日本。本格的に高齢化社会を迎えるにあたり、新たなマーケットの開発を行っていく必要があります。

それでは、どのようにマーケットを開拓していけば、高齢者のニーズに応え、市場を拡大していくことができるのか探っていきましょう。

続きを読む この記事を紹介する
マーケティング | 更新日:2017.12.15

増収・増客を目指すためには、単に“広告費用を増やせばいい”ということだけではありません。生産者の想いや商品の魅力を伝える、ということがとても重要なのです。

では、どのように情報を伝えれば良いのでしょうか? 今回は、実際にあった長野県のスーパーマーケットの例を参考にご紹介します。

続きを読む この記事を紹介する
マーケティング | 更新日:2017.11.15

時価総額が1兆円を超え、注目を集めているファッション通販サイト「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」。2017年8月14日に、運営会社のスタートトゥディが発表した第1四半期連結累計期間の商品取扱高は578億9,700万円で、前年同月と比べると43.4%増加していました。

売上高も順調に伸びており、前年同月比41.5%増の190億6,600万円でした。今回は、ZOZOTOWNの増客と増収の秘密について探ってみたいと思います。

続きを読む この記事を紹介する
マーケティング | 更新日:2017.10.15

社員同士の情報共有は会社を成長させるうえで欠かせません。特に得意先や競合会社の情報は、売上に直結する可能性があります。ただ、社員同士が自然と情報共有できる組織をつくるのは困難です。

今回は情報共有に役立つツールを紹介いたします。

続きを読む この記事を紹介する
マーケティング | 更新日:2017.09.15

DMやメルマガなど、お客様や見込み客との接点を強化するための手法は数多くあります。その中で最近注目を集めているのがLINEの法人向けアカウント「LINE@」です。

総務省の「通信利用動向調査」によると、スマホの普及率は72.0%となっており、年々その数は増えてきています。スマホの普及増加が「LINE@」の効果を押し上げているのです。

続きを読む この記事を紹介する
マーケティング | 更新日:2017.08.15

マーケティングの世界では、性の役割というのが非常に重要です。性の役割とは、「男らしさ」「女らしさ」というジェンダーイメージに基づく、周囲から期待されるものです。

実はこうした性役割が、消費にも色濃く反映されているのです。

続きを読む この記事を紹介する
マーケティング | 更新日:2017.07.14

米国スタンフォード大学のクランボルツ教授により「プランド・ハップンスタンス(計画された偶然性)理論」が提唱されたのは、1999年のこと。発表されるやいなや、一躍脚光を浴びることになりました。

続きを読む この記事を紹介する
マーケティング | 更新日:2017.06.15
134件中 1~10件