建設業

総務省統計局の調べによると2013年10月1日現在、日本の総住宅戸数は6063万戸で、そのうち空き家は820万戸。総住宅数に占める空き家の割合を示す、空き家率は13.5%となり、空き家数、空き家率ともに過去最高になりました。

今後、急激な人口減少が進む日本では、さらに空き家が増加する可能性があり、国は空き家対策に本腰を入れて取り掛かっています。

こうした空き家対策の一環として最近注目を集めているのが“小規模不動産特定共同事業”です。

続きを読む この記事を紹介する
建設業 | 更新日:2017.08.15

労働集約型の産業である建設業では、後継者問題や人材不足が大きな問題になっています。国土交通省が発表した「建設業構造実態調査」(2014年)によると、約70%の建設企業が「人手不足している」と回答しています。中でも、個人経営の企業や資本金が1000万円未満の企業での人材不足化が深刻になっているとのことです。

人材不足の原因はどこにあるのでしょうか?

続きを読む この記事を紹介する
建設業 | 更新日:2017.07.14

建設業界は人材確保が難しくなっています。
特に中小零細企業においては、「求人しても採用できない」「申し込みすらない」という声を多く聞きます。

建設業における人材確保のための戦術については、大きなものとして以下の3つを並行して実践するのがよいのではないでしょうか。

1.会社の「人にかかわる仕組み」を整える
2.「女性の採用」を検討してみる
3.「助成金」をフル活用する

これらについて説明していきます。

続きを読む この記事を紹介する
建設業 | 更新日:2017.06.15

建設現場の安全管理に活用されているのが「見える化」です。写真やイラスト、目立つ色使いなどで、現場作業員の注意を引くよう工夫することで、安全を確保します。

現場の見える化で欠かせないツールが、カラーコーンです。今回は、カラーコーンで危険箇所を見える化している例を紹介します。

続きを読む この記事を紹介する
建設業 | 更新日:2017.05.15

春は新入社員を迎える季節。建設業も例外ではありません。新人にまず教えるべきことは、労働災害に遭わないための教育・訓練ではないでしょうか。

新人は「無知」「未経験」「不慣れ」によるエラーを起こし、事故に遭う危険性が高いからです。

続きを読む この記事を紹介する
建設業 | 更新日:2017.04.14

工事を請け負った建設業者が、施工において実質的に関与せず、下請負人にその工事の全部または独立した一部を請け負わせることを、建設業法では「一括下請負」と呼び、原則として禁止しております(建設業法第22条)。

建設工事における「一括下請負の禁止」に関しては、従来から徹底を図ってきました。国土交通省ではこのほど、一括下請負の判断基準を新たに策定。元請(発注者から直接請け負った者)、下請(それ以外の者)それぞれが果たすべき役割を具体的に定め、一括下請負の禁止のさらなる徹底を進めました。

続きを読む この記事を紹介する
建設業 | 更新日:2017.03.15

先日土砂崩れが起き、社屋がダメージを受け、設備再稼働のため、臨時的に従業員に時間外労働をお願いすることがありました。

事業場で、時間外・休日労働36協定を締結している場合、時間外労働としてカウントすればいいのでしょうか?

続きを読む この記事を紹介する
建設業 | 更新日:2017.02.15

建設業は事故が起きるリスクと向かい合っています。事故の原因を突き詰めて、再発防止のためのアクションを取ることが不可欠です。事故原因のなかには「ヒューマンエラー」が少なくありません。

ヒューマンエラーとは、文字通り、人間による間違いです。ヒューマンエラーが起きるメカニズムを理解することで、事故防止につながることでしょう。

続きを読む この記事を紹介する
建設業 | 更新日:2017.01.13

平成28年7月から中小企業等経営強化法に基づく新制度として「経営力向上計画」という事業計画の認定制度が始まりました。国土交通省は同法の基本方針に基づき、建設分野に係る経営力向上に関する指針を策定しています。「経営力向上計画」の認定を受けると、新規で取得する建設機械の固定資産税が減額される利点があります。ぜひ検討してみましょう。

続きを読む この記事を紹介する
建設業 | 更新日:2016.12.15

「ヒヤリ・ハット」とは、重大な災害や事故には至らないものの、災害や事故になってもおかしくない、一歩手前の事例の発見を指します。突発的な事象やミスに、ヒヤリとしたことや、ハッと驚いた経験は、建設現場で働く人は誰もが持っていることでしょう。

現場の人間同士で「こんなヒヤリがあった」「こんなハットがあった」と共有し合えば、災害や事故の防止につながります。ヒヤリ・ハットを積極的に出し合う文化をつくる必要があるのです。

続きを読む この記事を紹介する
建設業 | 更新日:2016.11.15
127件中 1~10件