人的資源

近年、大学を卒業したあとに就職も進学もしない未就職者が増えているとのこと。文部科学省の学校基本調査によると未就職者は4万8866人おり、卒業者のうち8.7%を占めました。

未就職者の増減は景気に左右される傾向が多く、景気動向によっては今後も増加する可能性があります。

では、企業側は本当に人手が足りているのでしょうか? 実はそういうわけでもないのです。

続きを読む この記事を紹介する
人的資源 | 更新日:2017.07.14

チームスポーツの指導者が、もっとも頭を悩ませる場面とは? 「先発メンバーの決定」と答える指導者は、種目を問わずに多い。

チームが勝っているなかでスタメンを代えると、先発落ちした選手は「結果が出ているのになぜ?」と思う。「監督は自分が嫌いなのか?」といった疑問さえ心に浮かべる。

続きを読む この記事を紹介する
人的資源 | 更新日:2017.06.15

2018年4月に、精神障害者の雇用が義務化されます。

現在、従業員50人以上の事業主は、一定の割合(2.0%)で障害者(身体障害者、知的障害者)を雇用するように定められています。2018年4月から障害者のなかに精神障害者が含まれることになりますが、義務化といっても精神障害者を必ず雇用しなければいけないということではありません。

ただ、人材難にあえぐ従業員数50人未満の中小企業にとって、優秀な人材を確保するチャンスが広がったという見方をすることができます。精神障害とは、そして精神障害者をどのように雇用すればよいかを理解し、社会活動のひとつとして、また戦力としての精神障害者雇用を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

続きを読む この記事を紹介する
人的資源 | 更新日:2017.05.15

公益社団法人日本生産性本部の「職業のあり方研究会」は、平成29年度新入社員の特徴をまとめました。今年は「キャラクター捕獲ゲーム型」。

「レアキャラを探し求める情報収集能力と、どこへでも出向くフットワークの良さ」が評価されています。

続きを読む この記事を紹介する
人的資源 | 更新日:2017.04.14

間もなく4月を迎えます。4月といえば、多くの会社で新入社員を迎えます。と同時に、どの会社でも大なり小なり「新入社員歓迎会」を開催します。歓迎会を開くとなると、メンバーの誰かに幹事をお願いすることになります。

「これから成長してほしい若手」「決断力をつけてほしい中堅社員」「当事者意識がイマイチ足りない社員」がいたら、思い切って幹事を任せてみましょう。なぜなら、宴会の幹事を通じて、スキルアップを図れるからです。

続きを読む この記事を紹介する
人的資源 | 更新日:2017.03.15

「企業は人なり」「人は育てるものなり」と、日本の企業は人を大切にすることを誇りにしてきました。ただしその戦略は、内側に厚く、外側ほど薄くなっています。正規雇用と非正規雇用、定期採用と中途採用、学歴や性別でもきめ細かく区別し、差をつけていることが多かったのです。

現在では、業績悪化によるリストラの進行や、行き過ぎた成果主義、長時間残業の強制等で、社員を使い捨てするかのような企業さえ見受けられます。

しかし、現代のような採用難時代になると、1人でも多くの人材に戦力になってもらうことが必要です。

では、何をしたらよいのでしょうか?

続きを読む この記事を紹介する
人的資源 | 更新日:2017.02.15

日本商工会議所は昨年末、中小企業の「外国人材受け入れ」に対する意識調査結果を発表しました。

外国人材の受け入れ促進が「必要」と回答した企業は45.5%と、半数近くを占めました。続いて「わからない」が40.4%、「不要」が14.2%という結果。多くの中小企業が慢性的な人手不足に悩まされているなか、外国人材の受け入れに対して前向きになっていることが読み取れました。

続きを読む この記事を紹介する
人的資源 | 更新日:2017.01.13

「応募者の質が低い。採用してみたものの、すぐに辞めてしまう」

――それは本当に応募者の質が低いのでしょうか? せっかく採用した人がすぐに辞めてしまうのは、採用スキルの低い面接官が、質の低い面接をしているからだとすればどうでしょう。未熟な面接官がとりがちなNG行動を改めれば、面接の質は劇的に改善します。今回は、面接官ならいますぐ改めるべき行動を心理学の視点で分析します。

続きを読む この記事を紹介する
人的資源 | 更新日:2016.12.15

いまや、中小企業にとって人材は待っていても集まらない時代です。「応募者を集める」「面接の約束を取り付ける」「内定を受諾してもらう」と、いくつもの難関が待ち構えており、前途多難です。

「大手企業すら採用難の折、予算もないウチのような中小企業は…」とお嘆きの中小企業経営者と人事担当者へ、予算をかけずに即、採用ノルマを達成できる方法をご紹介します。

続きを読む この記事を紹介する
人的資源 | 更新日:2016.11.15

「腐ったみかんの方程式」とは、30年以上前の人気学園ドラマで話題になり、教育界にも一石を投じた言葉です。「みかん箱の中に完熟しきって腐ったみかんが1つあると、周囲のみかんも腐ってしまう。だから腐ったみかんは、すぐに取り除かなければいけない」ということを、学校や会社などの組織に例え、「素行・成績が不良な人間がいると、周囲の人間も腐らせてしまう」ことを示しています。

しかし、人間はみかんではありません。会社組織においては、腐ったみかんをただ単に取り除く以外の解決方法があるのです。

続きを読む この記事を紹介する
人的資源 | 更新日:2016.10.14
126件中 1~10件