事務所方針

私はお客様が《事業に専念できるようにサポートする》ことが税理士の役割だと思っています。事業に専念するということは、事業以外のことは考えさせないということです。最近は、経営者向けの決算書や会計の書籍も見かけるようになりましたが、本来、経営者の多くの方は、実は数字なんかどうでもよくて、利益さえ十分に確保できれば、出来たら会社の決算なんか面倒なのでしたくないというのが本音ではないかと思います。それならば信頼して任せていただき、会社にはなるべく手間を取らせることなく、経理は極力合理化し、私どもで必要な決算書を仕上げ、そして、経営者の皆様に対しては、その内容を、より簡単に説明し議論をしながら、数字を見なくても、感覚で理解していただくことが重要だと思います。
また、税務に対しても、所員に任せることなく、私が直接担当することで、常に十分な回答が出来るように日々研修や研究会を通じ研鑽しております。このふたつを十分に成し遂げることがお客様が事業に専念できるためのサポートだと考えています。

事業案内

財務戦略サポート

 

相続税対策
現在の課税財産を算定し、それに基き対策を提案した結果、課税財産がいくらになるかを算定いたします。そして、納税資金対策まで提案いたします。

自社株式評価
会社は今いくらの価値(時価)なのか算定します。資産税対策や後継者対策にご活用いただけます。

事業承継支援・対策
株式対策を含め、ISOやMAPを活用することで、後継者を育成する支援をします。

ISO認証取得支援
『会社の理念』を重視した経営に役立つISO認証取得を支援します。

企業組織再編成(M&A)
多角経営の結果生じた不良子会社(グループ)を、合併・分割・清算等を通して企業組織の再編成をするとこで、総コストの削減につながります。

税務サービス

 

納税コスト対策
お客様の要望に応じて、月次・半期・四半期決算を行い事前に納税コスト対策を実施します。また、税務処理を行うに際しても、常にコストを意識しながら、最善の処理を最新の情報をもとに選択するよう心がけています。 そして日々勉強の中、お客様に新たな提案をしていきます。

決算検討会の実施
事前の納税コスト対策はもちろんのこと、決算検討会を行うことで、決算の反省、また来期への展望をお客様と共有することで、税務と経営を一体とした決算を組んでいけることと成ります。

法人設立・法人成り・新規事業支援
法人設立登記(司法書士と提携)や税務署届出、社会保険届出(社会保険労務士と提携)一切を支援します。法人成りをお考えのお客様には、現在の事業を法人成りした時の法人と個人の税務コストの比較を行います。 また、コスト以外のメリット・デメリットについても提案いたします。私共の事務所は、業種特化していません。

なぜなら、業種に特化することで事務所の効率を重視するよりも、それぞれのお客様との間の信頼関係を重視するからです。その結果、あらゆる業種に対応できるノウハウを持っています。また、お客様同士情報交換できる場も提供します。

 

会計サポート

 

経理業務合理化支援【経理合理化プロジェクト推薦事務所】
年間売上高10億以下、社員30名以下の会社には、経理専任社員は必要ありません。そのコストを事業戦略へ回してください。経理の合理化を図ることで、社長の奥様や家族でも十分できるように指導いたします。

経理アウトソーシング
多くの会計事務所では、決まったように会社の『自計化』を進めようとします。しかし報酬はあまり変りません。要は会計事務所の都合なのです。会社で経理の合理化を図り、社内で最低限の仕事をしていただけたら、後の経理業務は完全に外部委託して 下さい。必要なときだけ、プロの仕事をしてもらい、かつトータルのコストを抑えることが出来ます。

経理システムの導入
試算表のスピードが必要なため自計化を図る会社には、パソコン会計による経理システムを導入します。事務所で使用しているソフトを安価で提供できるので、いつでもお問合せしていただけます。

経営計画の作成
経営計画作成にあたっては、まず、経営者の事業や会社、人生に対する想いを明らかにします。それを経営の柱として、計画を作成していきます。 5年・10年先までの事業計画、キャッシュフローを提案することで、お客様に安心して新事業展開や再生等の経営判断を下していただけます。

企業再生支援
企業再生にあたっては、何を残して、何を省くか、を徹底的に事業別又管理費に関してまで踏み込んで考える必要があります。それを踏まえて、再生計画を銀行対策を含めて考えていくことです。

公益法人移行・認定支援
和歌山県において最初の公益認定を支援(平成20年12月1日 新公益法人制度)。

経営革新計画承認支援
和歌山県において2社 大阪府において1社の経営革新計画の承認を頂きました。