税務・会計

黒字経営にこだわりを持ち、キャッシュフローの改善を試行錯誤している経営者は多くいらっしゃるでしょう。とはいえ経済環境の急激な変化も起こり得る昨今、急に経営悪化によって赤字経営になることも少なくありません。

「今までは黒字決算だったけど、今期は赤字決算になってしまった!」というときに、前期に納付した法人税の一部を戻してもらえる「欠損金の繰戻しによる還付」制度を解説します。

続きを読む この記事を紹介する
税務・会計 | 更新日:2017.09.15

個人事業主の場合、親族の協力の下に事業を展開・継続することは珍しくありません。

そして、事業が流れに乗り、収益増加となると、節税の観点から家族従業員への役務提供の対価として給料を支払おうと考えるのが道理です。

しかし、個人事業主が配偶者などの生計を一にする親族に給与を支払う場合、この給与は原則として必要経費とはなりません。

必要経費として認められるために満たすべき要件があることを知っておきましょう。

続きを読む この記事を紹介する
税務・会計 | 更新日:2017.08.15

2017年5月26日の参議院本会議で、企業や消費者の契約ルールを定める債権関係規定(債権法)に関する改正民法が賛成多数により可決・成立しました。
改正項目は約200項目に上り、約120年ぶりの抜本改正となります。

では、本改正の主な内容を見ていきましょう。

続きを読む この記事を紹介する
税務・会計 | 更新日:2017.07.14

マイホーム(居住用財産)を売ったときは、所有期間の長短に関係なく譲渡所得から最高3,000万円まで控除ができる特例(居住用財産を譲渡した場合の3,000万円の特別控除の特例)があります。

譲渡益が3,000万までは、税金がかからないという訳です。

続きを読む この記事を紹介する
税務・会計 | 更新日:2017.06.15

平成29年度税制改正により、定期同額給与の対象範囲が拡大されました。

これまで外国人役員など、役員報酬の手取額を保証している場合、額面金額が月によってばらばらにならざるを得ませんでした。すると、定期同額給与とみなされず、損金に認められませんでした。

今回の税制改正で手取金額が同じでも定期同額給与とみなされ、損金算入が認められるようになりました。今回の改正については、基本的に大企業を対象としたものと考えられますが、中小企業も対象となります。

続きを読む この記事を紹介する
税務・会計 | 更新日:2017.05.15

春本番を迎え、青空の下で日差しを浴びたい気分になるものです。新緑の季節に得意先とゴルフを楽しむことは、取引を円滑に行うために必要なものと言えるでしょう。

ゴルフの費用というと税務的には「交際費」のイメージが強いですが、内容によって、処理方法に違いがあります。今回は、ゴルフに関する諸費用の税務上の扱いについて、みてみましょう。

続きを読む この記事を紹介する
税務・会計 | 更新日:2017.04.14

平成29年1月4日から、多くの国税についてクレジットカードによる納付が可能となりました。税金をクレジットカードで支払うことにより「支払いのタイミングを先延ばしできる」「カードのポイントが貯まる」といったメリットに目がいきがちです。

しかし、この制度は致命的なデメリットが存在します。よく検討してから活用を決定しましょう。

続きを読む この記事を紹介する
税務・会計 | 更新日:2017.03.15

会社を設立する際、本店とは別の場所に事業所を構えるケースは珍しくありません。ただし、本店と事業所が異なる自治体の場合、法人住民税の扱いが異なってしまうことがあります。

続きを読む この記事を紹介する
税務・会計 | 更新日:2017.02.15

平成28年12月8日に平成29年度税制改正大綱が公表されました。

所得拡大促進税制の拡充や研究開発税制の拡充なども注目すべき改正ですが、今回は多くの方に影響を及ぼすであろう「配偶者控除の見直し」について解説します。

続きを読む この記事を紹介する
税務・会計 | 更新日:2017.01.13

日本国内の会社に勤めている給与所得者が、海外の支店などに転勤したり、海外の子会社に出向する場合の所得税の扱いはどうなるのか。所得税法では、個人の納税義務者を「居住者」「非居住者」に区分しています。では、「居住者」と「非居住者」の違いはどこにあるのでしょう?

続きを読む この記事を紹介する
税務・会計 | 更新日:2016.12.15
128件中 1~10件