流星ワゴン

流星ワゴン(TBS日曜劇場)の最終回・・・泣きましたよね。

一雄は死んじゃってもいいかな、と思っていた。

仕事はリストラ寸前・妻からは離婚・子供の家庭内暴力が逃れて公園のベンチで力尽きていた・・・。そんな時ロータリーに1台の車が。その車には5年前、偶然見た新聞の交通事故の記事で死亡が報じられた橋本親子が乗っていた。言われるがままにその車に乗り込む一雄。そしてその車は一雄を、人生の分岐点へと連れ戻す。そこで人生をやり直そうと一雄は懸命に努力するが、現実に戻ると何も変わっていない。。。

・過去を変えようとする一雄。

・他人を変えようとする一雄。

・自分は変わろうとしない一雄。

・そのときは勇気が無くて、ずるずると生きてきた一雄。

 

僕が大事にしている言葉がピッタリはまっていたドラマでした。

 『人は三日あればできることを一生掛けてしようとはしない』

 『他人と過去を変えることはできないけれど、自分と未来は変えることができる』

 重松清原作も読んでみようと思います。

・過去を変えようとする一雄。

・他人を変えようとする一雄。

・自分は変わろうとしない一雄。

・そのときは勇気が無くて、ずるずると生きてきた一雄。

 

僕が大事にしている言葉がピッタリはまっていたドラマでした。

 

『人は三日あればできることを一生掛けてしようとはしない』

 

『他人と過去を変えることはできないけれど、自分と未来は変えることができる』

 

重松清原作も読んでみようと思います。

Tone Tax Times  | 更新日:2015.04.21