大滝裕子税理士・行政書士事務所の「情報提供特化」HPです。

楽しんでお読みいただければ幸いです。

情報収集にもご活用下さい。

今月のニュース

妊娠や出産を理由に職場で不当な扱いを受ける「マタニティーハラスメント(以下、マタハラ)」。マタハラ問題を放置していると、経営者も管理責任を取らされることになります。

今回は、マタハラの実態と対処法についてご紹介いたします。

続きを読む この記事を紹介する
企業経営 | 更新日:2017.09.15

社員同士の情報共有は会社を成長させるうえで欠かせません。特に得意先や競合会社の情報は、売上に直結する可能性があります。ただ、社員同士が自然と情報共有できる組織をつくるのは困難です。

今回は情報共有に役立つツールを紹介いたします。

続きを読む この記事を紹介する
マーケティング | 更新日:2017.09.15

厚生労働省によると、2017年6月の有効求人倍率は1. 51倍になりました。この数値はバブル期の有効求人倍率である1.46倍を超えており、高度経済成長期だった1974年2月以来の1.53倍に到達しそうな勢いです。

雇用の売り手市場が続いている中、囲い込みのために内定者へ支度金を支払う企業がでてきています。

続きを読む この記事を紹介する
トピックス | 更新日:2017.09.15

2018年は労働法界の激動の年で、「2018年問題」が生じると予測されています。
この「2018年問題」は、無期転換制度の影響によって引き起こるといわれています。

この無期転換制度について解説していきます。

続きを読む この記事を紹介する
人的資源 | 更新日:2017.09.15

厚生労働省は「地域包括ケアシステム」を確立し、“ときどき入院、ほぼ在宅”という社会を目指しています。

病院に対しては地域医療構想による病床機能の再編を進めており、「急性期病床」⇒「回復期病床」⇒「慢性期病床あるいは在宅医療」という流れをつくろうとしています。

一方、受け皿となる「在宅医療」の整備も必須です。

国は複数疾患を併発しやすい高齢者の包括的な診療を進めるため、かかりつけ医や主治医機能の強化に力を入れています。

続きを読む この記事を紹介する
医業マーケティング | 更新日:2017.09.15

熊本市では、地域の医療機関やかかりつけ医の先生方同士が連携し、患者が病状に応じた適切な医療を選択できるように情報や医療サービスの提供をしています。

熊本市は、2010年に「県内統一カルテ」を全国に先駆けて導入しました。

その結果、がん治療は死亡率が全国平均より下回りました。また、1人当たりの医療費が全国平均より1割ほど高くなったそうです。ほかにも多くの成功事例があります。

今回は競合他社との「連携」について詳しくみていきましょう。

続きを読む この記事を紹介する
医療・福祉 | 更新日:2017.09.15

今回は効率的にネットから情報収集する3つの手法をご紹介します。

続きを読む この記事を紹介する
ビデオニュース | 更新日:2016.07.15

黒字経営にこだわりを持ち、キャッシュフローの改善を試行錯誤している経営者は多くいらっしゃるでしょう。とはいえ経済環境の急激な変化も起こり得る昨今、急に経営悪化によって赤字経営になることも少なくありません。

「今までは黒字決算だったけど、今期は赤字決算になってしまった!」というときに、前期に納付した法人税の一部を戻してもらえる「欠損金の繰戻しによる還付」制度を解説します。

続きを読む この記事を紹介する
税務・会計 | 更新日:2017.09.15

3種のチョコレートを低温でじっくり蒸し焼きにしてできたショコラは、舌にのせた瞬間、とろける恍惚。

チョコレートの新たな扉をひらくセンセーショナルなおいしさをご堪能ください。

※2016年12月28日のプレゼント企画の締切を持って、「今月のプレゼント」は記事提供を終了させていただきます。予めご了承ください。

続きを読む この記事を紹介する
プレゼント | 更新日:2016.11.15

企業は既存の事業だけ展開していても、いずれ先細ってしまいます。

新規事業を立ち上げたり、長期的な視点で業務改善を実施する際は長期にわたるプロジェクトチームを組むことになるでしょう。

当DVD教材では、プロジェクトが成功する時間活用のコツと、長期プロジェクト実現のヒントを大公開します。

続きを読む この記事を紹介する
経営情報DVD紹介 | 更新日:2017.09.15

2014年時点で約343万人いた建設業技能者ですが、2025年には高齢化の影響で約128万人が離職するだろうと予測されています。

日本経済に与える影響は計り知りしれません。

この2025年問題を解消するべく、業界が本腰を入れ始めました。大手ゼネコンが加盟する業界団体「一般社団法人日本建設連合会」は、建設現場の生産性を向上させ、離職によって失う労働力を補えるように動き出すそうです。

続きを読む この記事を紹介する
建設業 | 更新日:2017.09.15