ダイエット中に食べると痩せる食べ物、太る食べ物

みなさん、この世の中で一番太る食べ物ってなんだと思いますか?

思い当たる食べ物はたくさんありますよね。

◆今回はこの世の中で一番太るたべものTOP3を公開!

ダイエット中の方には必見!!

⬇︎これだけは避けるべき食べ物はこちら

1位 ポテトチップス

2位 フライドポテト

3位 加工肉(ソーセージ・ベーコン)

堂々の第一位は、全国民に愛されているポテトチップス!!!

ではなぜポテトチップスがこの世の中で一番太るのか?

その謎を解明していきましょう!

引用:

https://www.healthaffairs.org/doi/full/10.1377/hlthaff.2015.0434?sid=358ef21e-c600-4927-b09e-038fe4880cfd

実はこの研究、シンガポール国立大学で行われたもので、

イギリスに住む参加者4646人7歳〜13歳の身長体重活動レベル、毎日の食事量を調べた。

その結果、太る食べ物にはマーガリンやバター、天ぷら、牛乳、コーラなどの清涼飲料水、スイーツなどたくさんあった。

ただ、その太る食べ物にも負けないほど太る食べ物が、ポテチだった。

フライドポテトも太る食べ物の上位組だが、それ以上に太るのがポテトチップス。

まさに太る食べ物の王様と言えるだろう。

◆太る食べ物である理由は3つ!

①ポテチは表面積が大きいので普通のポテトより吸収する脂の量が多い⇨食欲暴走させる

②100gあたり脂質383〜574kcal⇨少量でも超高カロリー 

③食品としての満足度が低い=食べてもお腹が満たされない⇨たくさん食べられてしまう

ここでもう一つ覚えておいて欲しいのが、

天ぷらもファーストフードなみに太る食べ物だということです。

つまり、表面積が大きい揚げ物はタブーということでしょう。

◆逆に、痩せる食べ物とは? 

今、美容サプリよりも痩せ効果があると言われているのが“水溶性の食物繊維

食物繊維には水溶性と不溶性の2種類があり、どちらもバランスよく摂ることが大切です。

よりダイエット向きなのが水溶性食物繊維なので、是非意識して摂るようにしましょう。

引用:https://www.otsuka.co.jp/health-and-illness/fiber/about/type/

《水溶性食物繊維3つのメリット》

①脳にダイレクトに働きかけて食欲を減らしてくれる

②お腹に溜まりやすい=満腹感が得られる&食べすぎ防止になる

③ビフィズス菌が増え、腸内環境がよくなる=整腸効果あり

◆水溶性の食物繊維を含む食材とは?(可食部100gあたりの含有量)

大麦のもち麦(9.0g)、バーリーマックス(4.9g)、ライ麦(4.7g)、オートミール(4.2g)、切り干し大根(3.6g)、干しプルーン(3.4g)、インゲン豆(3.3g)、干し椎茸(3g)、ごま(2.5g)、ごぼう(2.3g)、ひきわり納豆(2.0g)、大豆(1.8g)、アボカド(1.7g)、そば(1.6g)、なめこ(1.0g)しめじ(0.7g)、かぼちゃ(0.7g)、人参(0.7g)、ほうれん草(0.7g)、大根(0.5g)、枝豆(0.4g)、キャベツ(0.4g)、セロリ(0.3g)、白菜(0.3g)、トマト(0.3g)、いちご(0.5g)、りんご(0.3g)、バナナ(0.1g)、豆腐(0.1g)、昆布、わかめ

引用:

https://www.otsuka.co.jp/health-and-illness/fiber/intake/foods-amount/

http://www.matsushima-hp.or.jp/women/diagnosis/evacuation/article06.html

◆1日あたりの摂取目標量

水溶性食物繊維を1日当たり3gが理想です。ひきわり納豆2パックが目安です。

ある研究によれば、食物繊維(水溶性+不溶性)を1日25〜29g摂取することで糖尿病や虚血性心疾患などの生活習慣病の発症予防に効果がみられたという報告もあります。

◆ダイエットに失敗しないためには?

ダイエットに失敗する人と成功する人の違いをご存知ですか?

ダイエットに成功する人の特徴は良い意味で適当なことです。

あまり制限をしすぎず、我慢せずストレスフリーなので継続できるのです。

一方、ダイエットに失敗する人の特徴は、0か100のタイプの方。

やるとなったらとことんやりすぎてしまう。例えば糖質制限やカロリー制限などハードルの高い制限を決めがち。そうすると気合いのある数日は良いものの、だんだんと我慢で辛いダイエットに。そのため長期間続かずリバウンドを繰り返すのです。

ダイエットの成功に欠かせないのは継続です。=自分に合うダイエットの習慣づくり

つまり、ダイエットに失敗しないためには、我慢せずに食べる量減らすことがポイント!

そのためには⑴食欲が増えるものが何かを知ること+⑵食欲減らす方法を知ること

⑴食欲が増えるものは?

脂質。

脂質を摂るといろんなものを食べたくなってしまう。

例えば、焼肉をたべるとご飯が欲しくなるように"

⑵食欲を減らすには?

断食すること+水溶性食物繊維をとること。

この2つを行うだけで3つの効果を得られます!!!

・胃袋が小さくなる

・ストレスホルモンが減る

・食欲の暴走を止めてくれる

◆今日からスタートできる最強のダイエット法

みなさん、プチ断食をしたことはありますか?

「断食」と聞くとかなりハードルが高く感じてしまいますが、

「プチ断食」はとてもゆるい制限でありながら、あらゆる身体に良い効果を得ることができることから医師も推奨している、いま人気のダイエット法です。

プチ断食のやり方とは?

面倒なカロリー制限は必要ありません!

始めだけ少し辛いと思いますが1、2週間で体が慣れて辛さはなくなります。

プチ断食には以下の2種類の方法があります。

①リンゲイズ  1日の間で食べない時間をつくる

②日替わり断食 500kcal以下の日と2000kcalの日を交互に行う

今回は実際に私がやってみて効果を感じた①の方法をご紹介していきます!

まず、どのくらいの時間断食すれば良いのか気になりますよね?

女性は12〜14時間、男性は16時間が理想です。

女性の場合⇨朝:8〜10時   昼:13時 夜:20時

男性の場合⇨朝:なし(水分可)昼:12時 夜:20時

実際に試してみた結果

たった2週間で摂取カロリー平均−400kcal落ちて体脂肪−3%落ちました。

プチ断食の効果とは?

・胃袋が小さくなり、食欲が減る

・断食中飢餓状態になることで、肌のコラーゲン量が増えて保湿効果が上がる=美肌効果

・免疫力UP

・集中力UP

・中性脂肪・血糖値を下げて血液サラサラに

・睡眠の質があがる

・消化時間が減ることで体内の炎症が抑えられる=老化防止

・消化器官がよくなることで腸内環境の改善、便秘解消

◆さらにスピーディーに痩せたい方にオススメ

本気で痩せたいあなたにこっそり教えちゃいます!

プチ断食に組み合わせるとさらに効果がスピーディーになる方法。

①毎日できるだけ同じ時間に食事をすること

②朝食は抜くこと

③お菓子・乳製品・ジュースを控えること

朝食はたくさん食べた方がいい!と思っている方、多いのではないでしょうか?

朝食抜きの真実について詳しく知りたい方は併せてこちらをご覧ください。

https://ameblo.jp/salonadviser3rei/entry-12611339213.html

◆ダイエットしても痩せないのはなぜ?

脂肪には、皮下脂肪・セルライト・内臓脂肪の3種類があり、

食事の見直しや運動をすることで落ちる脂肪と、落ちにくい脂肪に分類されます。

この3つの中で唯一自己ケアでも落ちるのは、内臓脂肪だけです。

内臓脂肪はお腹にしかつかない脂肪なので、お腹はすぐ痩せる感覚がある方が多いのではないでしょうか?

ただ、お腹は落ちても脚はなかなか痩せない!と言う悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?

体脂肪が落ちればもちろん多少のサイズダウンは見込めますが、

バランス良く自分の落としたい部分だけを落としたい!という部分痩せ希望の場合は、

専門家に任せた方が効率良い場合もありますので、何をしても痩せず悩んでいる方は

一度専門サロンに行ってみるのも1つの方法だと思います。

◆脚やせで悩んでいる方にオススメなサロンはこちら!

銀座エリアでおすすめのエステサロン

https://g-wip.com/2020/07/07/hotpepper-beauty-%e5%8f%a3%e3%82%b3%e3%83%9f4-5%e4%bb%a5%e4%b8%8a%e2%98%85%e3%81%8b%e3%82%89%e5%8e%b3%e9%81%b8%e3%81%97%e3%81%9f%e3%82%a8%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%b3/

新宿エリアでおすすめのエステサロン

https://g-wip.com/2020/07/30/hotpepper-beauty-%e5%8f%a3%e3%82%b3%e3%83%9f4-5%e4%bb%a5%e4%b8%8a%e2%98%85%e3%81%8b%e3%82%89%e5%8e%b3%e9%81%b8%e3%81%97%e3%81%9f%

e3%82%a8%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%b7%e3%83%a3-2/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事