本気でバストに悩んでいる方に伝えたいバストアップの真実!

 

 

近年バストアップに関する情報や見解が溢れている。

どこのバストアップサロンへ行っても

「バストアップするには乳腺が重要だ」と言われるが、

果たしてその説は本当なのだろうか?

バストアップの重要な役割をしている5つの組織

 

乳腺

バストの1割がこの乳腺でできている。

もともと乳腺の役割は母乳をつくり、

赤ちゃんへ栄養や免疫機能を与えること。

女性ホルモンの影響で増大する。

 

クーパー靭帯

乳腺組織を支える重要な役割。

コラーゲン組織なため、伸縮性がなく

一度切れたり伸びたりしたら元に戻らない。

 

大胸筋

バストの土台。バスト全体を持ち上げる役割。

バストの位置、形に影響する。

 

小胸筋

大胸筋の下にあるインナーマッスル。

バストの下垂を防ぐ筋肉。

左右のバストを中央に寄せる役割も。

 

脂肪組織

バストの9割は脂肪でできている。

大事な乳腺を守る役割をしている。

 

引用元

https://s.galoo.jp/library/category03/syokyokin

https://www.tkc110.jp/bust/3047.html

 

 バストアップのメカニズム

よく聞くのは

「バストアップするには太って脂肪をつけるしかない」

「バストアップするには乳腺を発達させればいい」

「バストアップするには筋トレが効果的だ」

という様々な意見。

 

バストの大きさは、

遺伝が30〜40%と言われていますが、

大きく左右するのは生活習慣。

 

1012歳から女性ホルモンが分泌されはじめ、

身長同様、成長期に女性ホルモンが

いかに分泌されるかによって

ある程度の大きさが決まってくるそうです。

 

医学の専門家の間では

乳腺を発達させれば大きくなると

言及している方は少なく、

その関連性は証明されていない。

医学的にはむしろ

「バストの大きさは脂肪の量によって決まる」

という見解のほうが多いそうです。

確かに、痩せ型の人はそもそも脂肪が少ないので

バストが小さい方の方が多いですよね。

 

ただ、そうなると太って脂肪さえつければ

良いのか?と思われがちですが、

バストの脂肪は、乳腺を守るためにつくもの

なので、太ったところで都合よくバストについてくれない。

 

また、脂肪がついたとしても

クーパー靭帯が伸びていたり、

大胸筋や小胸筋が衰えていると、

支えられないので下垂し、貧相に見えてしまうのだ。

https://bust-up-care.com/2020/02/04/926/

https://buyonjin.jp/worry_body/breast_enhancement/estrogen/

 

 バストアップに関するみんなが気になる質問

 

Q、バストアップサプリは効果あるの?

A、近年SNSでサプリのおかげで

バストアップしちゃいましたー!というのを

よく見かけますが、本当なのか?

形成外科医によれば、

「インターネットを介して個人輸入できる、

女性ホルモンが含まれたサプリやクリーム

などの商品の中には命に関わる危険性や、

死亡例が出ている商品もあるので

安易に使うことは“絶対”に避けてほしい。

また、健康障害を起こすような成分が入っていない、

つまり“合法”なサプリメントには効果がないです。

飲むだけ、塗るだけで大きくなるなら、

みんな巨乳になっていますよ。」とのこと。

引用

https://www.excite.co.jp/news/article/Cyzowoman_261921/?p=4

 

あらゆるバストアップサプリを試した

バストケア専門サロンのオーナーさんも、

サプリより食事を変えた方が近道といってました。

こちらの記事にもある通り、

お医者様から見ても危険なサプリも多いそう。

手軽さゆえに手を出しがちですが、ご注意を。

 

Q、太ればバストアップできるの?

A、ただ太れば良いというものではない。

太り方によっては、逆に血行が悪くなる可能性も。

栄養価の高い食事を心がけましょう。

 

Q、背中や二の腕の脂肪は胸に移動できるの?

A、よく聞く話ではありますが、

科学的根拠は証明されておらず、

医学的には不可能なんだそう。

ただ、こちらの方がいうように実際移動するという説もある。

これっていわば形状記憶のようなもので

二重のテープを使っていたら、

いつのまに二重になっていた。

みたいな現象に、近いのかなと思います。

 引用

https://www.excite.co.jp/news/article/Cyzowoman_261921/

 

Q、痩せ型なのにバストが大きい方はなぜ?

A、ほぼ遺伝だそうです。また、

そういった方は、乳腺が発達しているそうです。

あなたの優先順位が、

痩せたいのか?バストアップしたいのか?

のどちらかにもよりますが、

もしバストアップしたいのであれば

体重を落とすと筋肉も落ちやすく、

ただボリュームダウンするだけでなく

下垂するだけでなく、しぼんでしまうので

減量はおすすめしません。

 

Q、バストの下垂は改善できるの?

A、バストが下垂する原因は、

加齢や日常の負荷やストレスによって

クーパー靭帯が伸びたり切れてしまう。

筋肉のように鍛えることができないため、

一度下垂したバストの位置を上げることは

なかなか難しいでしょう。

クーパー靭帯が弱るスピードを遅くすることは可能。

 引用

https://bit.ly/38AXevN

https://www.bodybook.jp/doctor/144228.html

 

Q、大胸筋を鍛えればバストアップするの?

A、これに関しては、両極端の意見があります。

「大胸筋を鍛えすぎて胸が小さくなった」

という方もいますし、

「バストアップしたいなら大胸筋を鍛えるべきだ」

という方もいます。というのも、

ただ、大胸筋はアウターの筋肉。

鍛えることで筋肉に厚みが出るので、

男性が鍛えるとたくましく

カッコいい胸になりますが、

女性が鍛えすぎると脂肪を燃やし、

バストまでも引き締めてしまいます。

また、筋トレをすることで

男性ホルモン(テストステロン)が

分泌されてしまいバストアップしにくいのです。

 

これは実体験による個人的見解ですが、

負荷をかけた大胸筋トレーニングをしたところ、

みるみるうちにバストが小さくなりました。

ジムやトレーニング施設で使われている

マシンやダンベルなどの重量あるもので

鍛えることはあまりおすすめしないです。

 

もし、大胸筋を鍛えるのであれば

負荷の少ないトレーニング程度がおすすめ。

さらに大胸筋より小胸筋を鍛えることが大事との声も。

小胸筋の鍛え方はこちら➡https://p-dress.jp/articles/4223/2

 

引用

https://p-dress.jp/articles/4148

http://beauty-cat.info/archives/591

 

 

Q、女性ホルモンを増やす食べ物ってあるの?

A、女性ホルモンを増やす食べ物はないそう。

ですが、女性ホルモン(エストロゲン)に似た

働きをしてくれるのが大豆イソフラボン

また女性ホルモンを整えるサポートをしてくれるのが

肉、魚、乳製品、卵などのタンパク質、

DHAEPA豊富な青魚、ビタミン豊富な野菜、

ミネラル豊富な海藻、低カロリーで食物繊維やビタミン、

ミネラルなどがバランスよく含まれているきのこだそう。

1日の適正摂取量としては40mg50mgなので

目安としては納豆1パック(65mg)です。

こちらの論文によれば、大豆イソフラボンを

毎日適正量摂取することが乳がんのリスクを低減させる

という研究結果もあるそう。

引用

https://croissant-online.jp/health/132490/ 

https://www.otsuka-plus1.com/shop/pages/story_equ_fhormone.aspx

https://www.healthcare.omron.co.jp/bijin/qa/lifestyle_Q13.html

https://ko-nenkilab.jp/letter/article06.html

http://www.minamitohoku.or.jp/kenkokanri/200607/mame.htm

 

まとめ

バストアップに一番関与しているのは

バストの9割を占めている脂肪だった。

バストアップと食事には密接な関係があるようだ。

痩せ型でバストにボリューム欲しい方は、

太って脂肪をつけることも一つの手。

バストが下垂してしまっている方は、

大胸筋や小胸筋を正しく鍛えてみること。

バストが離れてしまっている方は、

小胸筋のトレーニングと補正下着を!

そして全てのお悩みに必要な

乳腺を発達させる=女性ホルモンを分泌させる為には

バストアップにつながる生活習慣を。

 

そのための生活習慣はこちらをご覧ください!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事